人の文章には、
それぞれが持つ雰囲気があります。

その雰囲気を他の人がマネて、
再現することは可能。

しかし、それが書き手に合って
いなければ、違和感のある文章になりがちです。

私は今まで、たくさんの記事添削をしてきました。

その中で、一貫して思うのは、
私の文章の雰囲気を、そのまま
再現しようとする人が多いことです。

これについては、ある程度記事の添削をして、
止めたほうがいい人には促しています。

下記の文章は、半年ほど前から、
記事添削のみを続けている女性のものです。

彼女に対しても、最初の一時期、なんとなく
私の言い回しを意識しているような時があったので、
自分らしさを出すことを促していました。

そして、彼女特有の文章の雰囲気を確立したのですが、
時折、普段とは違う、このような文章を書かれます。

writing03-1writing03-2writing03-3writing03-4
※「自分を幸せにする方法」Tamagoさんの記事より

普段とは違う、こんな文章が書けるのは、
自分のスタイルを確立するために、
書き続けてきたからに他なりません。

自分のスタイルを確立できれば、
こういう、また違う雰囲気の文章を書いても、
違和感のない彼女らしい文章に感じるのです。

文章の書き方や、テクニックは人を真似ても、
文章の雰囲気は自分らしさを忘れないでください。

もちろん、ビジネスとしての
文章の書き方であることを意識した上で、
自分らしさを演出するということですけどね。

彼女のブログは婚活ブログです。

彼女の普段の文章は、
上記の文章とはまた違う感じですが、
彼女らしさが溢れだしています。

「自分のスタイルって、一体どういうこと?」

って思われているなら、
彼女の文章を読めば理解できると思います。

私が半年間、記事添削したからといって、
私の文章の雰囲気は感じないでしょう。

しかし、その文章には、
私が教えてきたノウハウが生かされていることが、
わかる人にはわかると思います。

彼女の記事は、最近まで彼女の持つ、
別ブログのものを添削していたのですが、
最近、下記のブログの添削に変更されました。
自分を幸せにする方法

自分らしいスタイルとはどういうことか、
きっと参考になると思います。

記事診断もできる完全無料講座!
アマツカゼが、あなたの記事の問題点を添削します。
↓↓↓

ブログライティング初心者脱却講座☆無料