リライト記事での記事診断を
依頼してきた彼との出会いは2か月前。

ハッキリ言うと、
パッと見ただけで読む気がしないし、
無理に読んでも離脱したくなる記事。

ダメ出しの添削をした後、
彼はこんな感想をくれました。

あまりにも詳しく丁寧に教えて
くださったので感激しました

【 お名前 】:Mさん
【 ブログ・メルマガへの引用時の名前 】:引用可(イニシャル)
【 ブログURL公開可】
 http://www.mkmkmarket.info/studyenglish/pg835.html

【 感想 】

初めて受けたのですが、
あまりにも詳しく丁寧に教えて
くださったので感激しました。

リライトをしていましたが、
アフィリエイトはそんな甘くないなと思いました。

今回自分では分からない
改善すべき点が明らかになり、
受けてよかったなと思いました。

なるほどと思ったことが多く、
これからの見通しが立ってきました。

早速改善したいと思います。
こんな特典は他にないと思いました。

彼はこのあと、
ライティングをしっかり勉強する必要があると実感し、
私のサポートを本格的に受けることとなったのです。

そして、約2ヶ月たった今、
彼は下記のような記事を書いています。

ジャンルは「ネイティブ英語」です。

kiji1-0
kiji1-1
kiji1-2
kiji1-3
kiji1-4
kiji1-5
kiji1-6

※「外国人の友達を惹き付けるためのネイティブ英語取得法」より

現在彼は、私の記事添削のみを受けています。

彼がリライトをやめて、こんなに読み進められる
ブログ記事の書き方が出来るようになったのには理由があります。

それは、もちろん、
いろんなテクニックの活用もありますが、
私が一番如実に感じることは、

文章の流れと結論を非常に意識しているということです。

彼が添削を依頼してくるときは、
下記のような補足がとても多いです。

「○○につなげていますが、
 結論は足りているかどうか見て欲しいです。」

「話の流れと結論がこれで十分か見て欲しいです。」 

「内容が整理されているか。
 ○○~違う話をもってきているが
 流れはわるくないかを見てほしいです。」

 

話の流れと結論にこだわるのは、
文章構成を学び、それを活かすことに
面白みを感じているからではないかと思います。

これはとても重要なこと。

パターンが見えてくると、それを駆使することで、
書き上げた文章に納得感を抱き、愛着さえ感じるものです。

そう感じれるようになると、
ブログ記事を書くことは苦でなくなります。

あなたも彼のように、
これだけのブログ記事を書けるようになれば、
書く事に面白みを感じれるようになるはず。

そうなれるのは特別な人だけではありません。

書く事に面白みを感じられるまで、
こだわりを持って追求していく意志力。

それさえあれば、
可能性は誰にでもあると言えるのです。

無料記事診断も開催される
アマツカゼのブログライティングに特化した無料講座
↓↓↓

ブログライティング初心者脱却講座