文章の書き方のイメージ画像
文章の書き方によって、
あなたが読み手に与える印象は大きく変わります。

「読まれない」「信じてもらえない」
「行動してもらえない」「伝わらない」

こんな経験があるのではないでしょうか?

これらの原因は、あなた自身ではなく、
文章の書き方によるものです。

ここでは、私がブログで実際に活用してきた、
文章の書き方、20の秘訣をお伝えします。

文章の悩みから一瞬で開放

あなたは、この20の秘訣によって、

「読まれない」「信じてもらえない」
「行動してもらえない」「伝わらない」

という悩みから一瞬で開放され、

「読まれる」「信じてもらえる」
「行動してもらえる」「伝わる」

そんな書き方を身に付けることができます。

その結果、あなた自身が原因と思い込んでいた悩みは吹き飛び、
「文章の書き方によって誰でも上手くなれるんだ」と理解できるでしょう。

なぜなら、私自身がブログで行ってきた学びだからです。

80万人に読まれる文章とは?

アクセス解析80万人のアクセス証拠画像

私の1つのブログは、
おかげさまで1ブログのみで80万人もの方に読まれています。

こういう結果を残せたのは、ある悩みを持っていたから。

読み手の思考を深く体系化した文章の書き方が
できるようになったのはその悩みのおかげとも言えます。

私自身、小さい頃から文章を書くのは大の苦手でした。

原稿用紙の400字詰めの作文なんか、
埋めることさえできずに、にらめっこしていたものです。

そんな私が文章を書く仕事を生業としていられるのは、
自分自身が苦手だと思い悩んでいたからです。

だからこそ試行錯誤を繰り返したわけです。

失敗の連続を経験することによって、
読み手の思考を深く体系化した書き方ができるようになったのです。

では、具体的にどうすればいいのか?

文章の書き方を4項目20の学びに分類

blog-kakikata25

文章の書き方を、

「読まれる」「信じてもらえる」
「行動してもらえる」「伝わる」

4つの項目に分けて、
合計20の秘訣としてお伝えしていきますね。

読まれる文章の書き方
書き出しの画像ブログの文章は書き出しで決まる?
読者を引き込む3パターン

文章の善し悪しは、書き出しで決まるといっても過言ではありません。なぜなら、書き出しが悪ければ、その先を読まれないからです。いくら素晴らしくても、書き出しでコケていたら意味がありません。
surechigai01記事タイトルの付け方に注意!
本文とのズレは離脱の原因

記事タイトルを付けるとき、意外にやってしまっている人の多いこと。それは、本文とのズレです。タイトルと本文の、どちらを先に書くかは別として、両者にズレがあると訪問者の離脱率は上がります。
blog-kakikata15ブログの書き方!
最後まで読まれる5つの読者目線レイアウト

書き方をいくら工夫しても最後まで読んでもらえない。そんなあなたが、まず思い浮かべるのは、「構成」「内容」などではないでしょうか?
読まれる記事がしている共感を得る方法
読まれる記事と読まれない記事。その違いはどこにあると思われますか?「コンテンツ内容が充実しているから?」確かに大切な要素ですが、それは大前提で誰もがわかっていること。意外に意識されていない要素。それは「共感」だと言えるでしょう。
体言止めの画像体言止めとは?例文で意味と使い方を徹底解説
体言止めは、私自身よく使う語尾の表現技法。イメージ的な余韻を感じさせたり、全体にリズムを持たせる効果があります。「全体のリズム」は特に重要。
信じてもらえる文章の書き方
稚拙な文章のイメージ画像稚拙な文章とは?
文章にありがちな5つの事例

稚拙(ちせつ)な文章とは、幼稚で未熟な文章のこと。記事を読んでいて、「この人って稚拙だな~」なんて思われたら、内容がいくら良くても、書き手の信頼度はガタ落ちです。
mind11商品の先にあるものとは?
感動を共有する関係がビジネスを繁栄させる

商品を売るためには、商品の先にあるものを伝えること。私たちがするべきことは、物や情報を与えるだけではありません。その先にある感情を与えること。その意識がなければ、あなたのビジネスは、理念のない生活手段でしかないということです。
文章の語尾表現は信憑性を左右する
語尾表現って、結構、意識していない人が多いのではないでしょうか?中でも特に多いのが、語尾に「思います」を多用している場合。これって、読み手からしたら、すごく信憑性のなさを感じさせる表現です。
言いっぱなしでスルーするの?
反応を予測する先回り文章術

人と直接会って、自分が話している時に、「この人、今なにか思って、すぐにでも言いたい事がありそう」「私が話しているから口を挟まないけど、言いたいことがある雰囲気がみえみえ」と思うことはないでしょうか?
自分を売る画像自分を売るセールスの本質!
商品価値を上げる3つのポイント

セールスの世界では、商品よりも、まず、自分を売ることを教え込まれます。自分を売ることで、信頼感・共感が高まり、商品価値も上がるのです。お客様は、信用していない相手に対して聞く耳を持ちません。
行動してもらえる文章の書き方
wordpress01誘導文でクリック率は変わる?
ブログ記事の目的を達成する秘訣

記事において誘導文の役割は大きなウェイトを占めます。しかし、多くの方は、「ここに誘導文なんていらないでしょ」と、軽視してしまいがちです。誘導文を付けていたとしても、「それ、クリックされないでしょ」というものは多いです。
blogkiji-kakikata01ブログで売る伝え方の間違いとは?
期待感で聞く体制を整えよう!

あなたは商品を売るために、その魅力や優れた点ばかりを説明していませんか?商品の魅力を伝えようとするほどお客様の気持ちは離れていきます。伝え方には順序があるということです。
salestechnique02セールスの鍵を握るのは自己説得?
ゴリ押しセールスマンには無理

「結構です」「迷惑です」過去の私がしていたセールスの仕事で、何千回、いや、何万回と言われ続けてきた言葉です。最初の頃は飛び込み訪問をしていたので、それこそ1日100軒の訪問なんてザラでしたからね。
blogaffiliate04商品レビューの本質!
書くべきことがわかる3つの重要ポイント

商品レビューの目的、それは、「商品販売ページへの誘導と成約率アップ」言い方を変えれば、「読み手が得られる未来を実体験からの想いをのせて伝え、期待感を持たせたまま商品販売ページへ誘導することで成約率を高めること」
北風と太陽の画像北風と太陽の教訓とあらすじ
【人を動かす文章とは?】

ある日のこと、北風と太陽が言い争いをしていました。北風は、「僕はなんだって吹き飛ばせるんだ!一番強いのは僕だ!」太陽は、「確かに君には力がある。でも一番強いのは僕だよ」と、どちらも引きません。
伝わる文章の書き方
文章力をつけるには?のイメージ画像文章力をつけるには?
読み手の心に響かせる3つの原理原則

文章力をつけるには、いろんな方法があります。「構成・表現・レイアウト」などなど。すでに学ばれているかもしれませんね。
writing13面白いブログの書き方とは?
文章が生まれ変わる3つの共通点

「面白い記事を書きたいけど、どんなネタを書けばいいかわからない」そんな風に悩んでいる人は多いですが、面白さはネタで決まるものではありません。
writing22ブログ記事から抱く感情とは?
読み手に与える印象の重要性

記事を書くとき、何かひとつ気付きを得られる内容であることは大前提です。でも、そういう記事は山ほどありますよね。その中で、いったい何を基準に、読むべきブログを選んでいるのか?
文体のイメージ画像文体は独自の世界観を作る!
文章表現で魅せる3つのイメージ要素

文体とは、書き手の表現上の特色のこと。優れた作家は文体で独自の世界感を作り、イメージを定着させているものです。この文体が曖昧だと独自性は出ないし、非常にわかりにくい表現にもなりかねません。
profile-kakikata08プロフィールの書き方!
ブログ訪問者の心を鷲掴みにする文章構成

「プロフィールの書き方がわからない」という人は多いのではないでしょうか?「そもそも、ブログにプロフィールは必要なの?」という人もいるようです。あなたはどうでしょうか?

まとめ

ここでは、私自身がブログで活用している、
20の秘訣をお伝えしてきました。

これを学び実践することで、あなたも
「文章の書き方がわからない」という悩みから開放され、

「読まれる」「信じてもらえる」
「行動してもらえる」「伝わる」

そんな書き方ができるようになります。

あなたの印象は大きく変化し、
たくさんの人に読まれる素晴らしい文章の使い手として、
記憶に残る存在となるでしょう。