このブログは、資産となるブログ構築・運営を得意とする、
たった1記事14万PV突破ブロガーのアマツカゼが運営するブログです。

・ブログアフィリエイター
・ブログ集客・構築・運営コンサルタント
・ブログライティングコンサルタント

として活動し、特に、

「ブログ文章術のプロフェッショナル」として
多くの読者様から感謝のお言葉を頂いております。

「ブログで稼ぎたい」
「ブログで集客したい」
「ブログでブランディングしたい」

というあなたのために、ブログ運営において
最も重要な「文章術」も含めたブログ構築・運営ノウハウを提供。

※文章術の基礎テクニックを詰め込んだオススメ記事。
ブログの書き方!たった1記事で18万人に読まれる基礎テクニック

このブログでお伝えするのは、
「クリックだけで簡単に稼げる」というような、
怪しいまがい物のノウハウではありません。

そういうノウハウを求められている場合はご退出ください。

このブログでは、本質を貫いたブログ構築・ブログ運営の真髄を、
100万PV突破ブロガーのアマツカゼが、人に誇れる
ブログ運営のためのノウハウとして伝授します。

※「たった1記事14万PV突破ブロガーの文章術」無料講座はこちら。
読まれるBLOGをスラスラ書ける設計図をプレゼント中

ブログ運営での「揺るぎない想い」

私には、このブログを運営する上で、
絶対に外せない「揺るぎない想い」があります。

それは、

「人に価値を与えることは、自分の価値を高めること」

という、座右の銘ともいえる強い想いです。

ビジネスとしてブログ運営をする人は、
「ブログで稼ぐこと」が目的であるのが当然です。

ビジネスの本質は、価値を提供してその対価を得ること。

つまり、ブログで稼ぐために商品を売ろうとする行為は正当なビジネスです。

しかし、心に抱く目的がブログで稼ぐことだけだと、
仮に一時的に成功できたとしても「安定した成功」をつかむことはできません。

なぜなら、人は心で感じる生き物だからです。

どんなに優れたスキルを持ち、テクニックを
駆使しようとも、相手に対する気持ちが
第一義の目的でないと心の奥底に伝わりません。

仮に一時的に成功をつかめたとしても、
リピートが見込めず、「安定した成功」とはならないのです。

つまり「人に価値を与える」ことを目的とするべきだということ。

「ブログで稼ぐこと」は、「人に価値を与える」
ということを目的とした結果付いてくるものなのです。

稼ぐことだけを目的とした行動や振る舞いは、
無意識に対象が相手でなくなっているため心に響きません。

お客様のための行動や振る舞いは、それが心の底からのものであれば心に響くのです。

「人に価値を与える想い」から生まれる結果

私は過去にセールスの仕事をしてきました。

当初はそれこそ「稼ぐこと」しか頭になく、
金儲け主義者の一員だったと言えます。

※アマツカゼのプロフィール
金儲け主義者に囲まれ自覚しながら続けた仕事

しかし、セールス生活の中で、気付かされたことがあります。

それは、「稼げればそれでいい」というセールスマンは、
一時稼げたとしても、それが継続しないということ。

継続的に安定して稼いでいる人は、「稼ぐことを第一義」
としているのではなく、「お客様を第一義」としています。

これは、綺麗事でもなんでもなく、私が経験してきたことで身に染みて感じた真実です。

この事を理解してから、私は変わりました。

そして、「人に価値を与える想い」から生まれる結果と、
感謝の気持ちや、喜びを知ったのです

「偽善者かコイツは」と思う人もいるでしょう。

そう思われる気持ちはよくわかります。

こればかりは経験しないとわからないと思います。
私がここで言葉で理解させようとしても無意味です。

なので、これ以上、読み進めていただく必要もありません。

でも、少しでも理解しようという気持ちのあるあなたは、
「人に価値を与える想い」まず第一義に持つようにしてください。

その気持ちを、半信半疑ながらでも持ち続けることで、
いずれは自分自身の真実となってくるはずです。

それができてはじめて、テクニック・ノウハウが何倍にもなって生きてくるのです。

「人に価値を与える想い」のないところに、継続的に安定した成功はありません。

京セラ・第二電電(現・KDDI)創業者の、
稲盛和夫氏も「生き方」の中で、こうおっしゃっています。

世のため、人のためというきれいな心をベースにした思い、
願望というのはかならず成就します。

それが最上の思いであるがゆえに、最良の結果がもたらされるのです。

逆に私利私欲に基づいた「濁った願望」は、
いったんは実現できても、一時的な効力で終わってしまう。

引用元:2004年8月10日初版発行・2015年3月1日第102刷発行。
著者『稲盛和夫』、書名『生き方』、発行所『株式会社サンマーク出版』

「濁った願望」は、今この時から捨て去り、
きれいな心をベースにした思いを、あなたの読者さまに伝えてください。

ブログを運営する上で、「ブログで稼ぐ」という思考は、
ビジネスである以上、当然持つべきもの。

しかし、それは第二義的なものであって、
第一義とするものは「人に価値を与える」
ことであると、自分自身の思考に植え付けてください。

そうすれば、蒔いた種から徐々に芽が出るように、
あなたの思考はそれが当たり前になってくるはずですから。

やがて花が咲き始めると、あなたのブログは、
「安定した成功」への道へと突き進むことでしょう。

※ブログを価値ある資産とし、完全なる自由を手に入れたいあなたへ。
アマツカゼ公式メールマガジン

ブログ運営で「安定した成功」を掴むために不可欠な思考

なぜ、ネットビジネスで、
一時的に成功しても消えていく人が多いのか。

その答えは、その人自身の内面、
つまり「思いやりの心」があるかないかが大きな要素だと言えます。

今、あなたはおそらく、「思いやり?この人、何をいってるの?」
と思われていることでしょう。

しかし、考えてみてください。

「簡単3クリックだけで何しないで毎日ザクザク現金収入」
「最初に設定したらほったらかしで月収○○万円が勝手に入ってくる」

そんな怪しいキャッチコピーで、
この業界のイメージを最低なものにする輩たち。

購入者のことより自分の稼ぎしか頭にない金儲け主義者たち。

こういった人達は、仮に成功したとしても一時的で、
「思いやりのかけらも無い人」だとわかるはずです。

彼らの成功は一時的なものでしかなく、淘汰されるのは目に見えています。

なぜなら、

「相手のためになるのか?」

ということを、その人の立場で思考できないから。

その人の立場で思考できる「思いやりの心」を持つ人が、
心からの想いで伝えたことが相手の心に響くのです。

一時的な気分の高揚で購入してしまった人と、
心からの想いが伝わって購入した人。

どちらが継続的な顧客になるかは一目瞭然ですよね。

こういう「思いやりの心」が欠けた人間は、
相手に対して無意識にその片鱗を見せてしまいます。

これは成功する云々以前の問題で、人として何かが欠落しています。

・感謝の気持ちを持つこと
・助けあいの気持ちをもつこと
・先に与える気持ちを持つこと
・人と人との縁を疎かにしないこと

こういった「思いやりの心」は誰もが持つべきものです。

それが持てなければ、
その人は外道であると私は思っています。

相手のためにという意識を持ち、常に相手の立場で思考する。

これは、思いやりからくる行動で、人としてはもちろん、
ブログ運営で成功するためには不可欠とも言えます。

それがなければ安定した成功は掴めません。

ネットでは相手の顔が見えません。

画面の向こうに「人」がいることを忘れがちになるものです。

リアルではしないであろう態度を、ネット上では平気でとる人。

そういった、
人と人との繋がりを見失った世界で長く仕事をしていると、
いつかは心が破綻するかもしれません。

だからこそ、相手を思いやり、
価値を与えることで、相手の「喜びや幸せ」を感じ。

自分自身も「喜びや幸せ」を感じられる、
そんな世界に自らがしようとしていくべき。

そのためには、まず、自分から「思いやりの心」
「先に与える気持ち」を発信していきましょう。

人としての人情味のない無機質な世界で生きていると、
いつしか優しさを失ってしまうもの。

その結果、人に対して矢を向けることとなり、
たくさんの大事なものを失ってしまいます。

「先に与える気持ち」を見せることで、「ありがとう」
という言葉が自分に戻り、人と人との繋がりが未来を作るのです。

思いやりは相手に対して、自らが先に与えるもの。

その意識があれば、
あなたのブログ運営は安定した成功へと向かいます。

そういった人が増え、この業界が健全化されることを心から願います。

※お金に支配され、夢を追い続け、
結局なにも成し遂げられないままの男が、
人に価値を与えることで完全なる自由を目指した物語。
アマツカゼのプロフィール