プロフィールの書き方がわからない」

という人は多いのではないでしょうか?

「そもそも、
 ブログにプロフィールは必要なの?」
という人もいるようです。

あなたはどうでしょうか?

「自分のことを書いても仕方ない」

「あった方がいいのかもしれないけど面倒」

もし、そんな風に思われているなら、
ブログ訪問者の心を鷲掴みにすることはできません。

なぜなら、プロフィールは、
「共感・信頼」を得るための窓口となるページだからです。

「共感・信頼」を得られてはじめて、
ブログ訪問者は濃い読者さまとなって、
毎回ブログを楽しみにしてくれるのです。

私自身も最初は適当な書き方をしていた時期がありました。

恥ずかしい話ですが、
その重要性を意識していなかったのです。

しかし、プロフィールの書き方を変えてから、
大きく変わったことがあります。

それは、読者さまからのお声が増えたことです。

そのメール内容で頻繁に出てくるのが、

「プロフィールに書かれていた○○に共感できました」

「プロフィールに書かれていた○○に心を打たれました」

というような言葉です。

プロフィールを読まれたことで、
それが窓口となり、濃い読者さまになってくれたわけです。

※心を鷲掴みにする文章構成に沿った私のプロフィールはこちら。
アマツカゼのプロフィール

プロフィールの書き方を知ることで、
ブログ訪問者の心を鷲掴みにして、
濃い読者さまを増やすことは可能です。

では、まず、
どういう心理でプロフィールを読もうと思うのか?

ブログ訪問者の心理を考察することから学んでいきましょう。

※ブログ記事の書き方によって読者を増やす基礎テクニックとは?
ブログの書き方!たった1記事で18万人に読まれる基礎テクニック

プロフィールを読みたいと思うブログ訪問者の心理

profile-kakikata02

あなたのブログを知らない、
はじめてのブログ訪問者はどこからやってくるのか?

その多くは、

「知りたい情報を調べるために、
 Yahoo!やGoogleなどの検索から来る人」

「ソーシャルメディアや人気ブログランキング、
 他ブログのリンクなどから、タイトルや説明文
 などを見て、なんとなく来る人」

になると思います。

具体的に情報を求めてきた人。

なんとなく来た人。

どちらも記事を読んで、価値を感じたとき、
こんな風に思うのではないでしょうか?

「この記事を書いた人って、どんな人かなぁ?」

その興味を満たすために、はじめてのブログ訪問者は
プロフィールを探すでしょう。

しかし、

「プロフィールがない!」

「サイドバーに、ちょこっと書いてあるこれだけ?」

こうなると、もうそこで
×ボタンをクリックしてサヨナラされるだけです。

はじめてのブログ訪問者は、濃い読者さまではありません。

あなたのことを知るために、プロフィール以外の記事から
あなたの情報を探す人は少ないということです。

この時点では、
ただ、少し興味を持ったに過ぎないということ。

濃い読者さまも、
はじめはみんな少しの興味からはじまります。

それを活かせるかどうかです。

「訪問者の心を鷲掴みにできるか」

「印象に残らないままサヨナラされるか」

その重要な役目を持つのがプロフィールです。

プロフィールは我慢してまで読まれない

profile-kakikata03

その業界の有名人でない限り、在り来りな
プロフィールの書き方をしても、ほとんどの人は読みません。

あなたの記事を偶然読んで、少し興味を持った人でも、
つまらなそうだったり、共感できなかったら、
途中でサヨナラされるだけです。

これが対面で、相手が目の前にいたとしたら、
社交辞令で聞きたくもない自己紹介を聞くでしょう。

しかし、ネット上ではそんな義理もありません。

×ボタンをクリックしたら、
また他にいくらでもブログはあるのですから。

訪問者は、あなたのことを知りません。

価値提供で興味を持ったとしても、
つまらないプロフィールを読む進めるほど、
あなたに執着する必要はないということです。

訪問してきた人は、
読むのが当たり前という意識をまず捨ててください。

では、具体的にどういう書き方をすればいいのか?

プロフィールの具体的な書き方

プロフィールページは、あなた自身を知ってもらい、
「共感・信頼」を得るための重要なページです。

想いを込めて、
自分の経験や考えを書くようにしてください。

ただし、注意してほしいことがあります。

その業界の有名人であれば、仮に冒頭から、
永遠と生い立ちを語っても読み進められるでしょう。

しかし、あなたのことは
知らない訪問者がほとんどです。

いきなり淡々と、生い立ちを語りだしても、
読み手は退屈するだけです。

では、どうすればいいのか?

プロフィールの書き方を、
3項目に分けてお伝えします。

1 プロフィールの冒頭でインパクトを与える方法

profile-kakikata04

お笑いで言うところの、「つかみ」ですね。

訪問者は、あなたに少しだけ興味を持って
プロフィールを読み始めようとしています。

ここで更に読み手を引き込んでおくと、
最後まで読み進めてもらえる可能性が高まります。

具体的には、

■興味を引くキャッチコピー

例えば、自分の経験の中から、

「えっ!何?」「凄い!この人」
「どういうこと?なんだか興味がある?」

と思われそうな経験を、
キャッチコピーにして打ち出す。

■インパクトのある画像

パッと見て目を引く画像を掲載する。

可能であれば、
その画像にキャッチコピーを入れてもいい。

■オリジナルの動画や音声

可能であれば、
自分自身で自己紹介した動画や音声を掲載する。

これらのどれかを活用してください。

「つかみ」の部分では、
淡々と文章を語り始めてはいけません。

なぜなら、プロフィールというのは、
検索してきた人が調べたい情報を
伝えるページではないからです。

仮に、読み手に明確な目的があったとしたら、
インパクトがなくても情報を得るまで読み進めるでしょう。

仮に、その業界の有名人であれば、
興味の度合いが高いので、これも読み進められるでしょう。

しかし、あなたの場合は、
ただ少し興味を持たれただけの知らない人です。

プロフィール自体に、
役立つ情報があるわけではないですからね。

2 プロフィールの前半で共感を得る方法

profile-kakikata05

具体的に、プロフィール前半部分には、
私が共感ポイントとよんでいる項目を掲載してください。

■現在お住まいの地域

■出身地

■趣味

■既婚・未婚

■仕事

■家族

などなど。

もちろん全て、さらけだす必要はありません。

しかし、共感ポイントが多ければ多いほど、
当然、共感する人の数も多くなります。

更に書ける人は、

■好き嫌い

■年齢

■職業

■出身学校

などなど。

プロフィールに書くことは、
いくらでもあります。

文章としてではなく、箇条書きで、
パッと目に入りやすい書き方で掲載してください。

前半部分では、先ほどのインパクトと同じで、
まずは、引き込むことが大事です。

パッと目に入る項目で、自分と共通点があれば、
その先を読み進める可能性は大きく高まります。

人は、赤の他人にも共感してしまう生き物です。

それは、自分と価値観が同じということだけではなく、
状況や環境が同じというだけでもそうなってしまいます。

例えば、会社の中で、同じふるさとの人が居たら、
その人に対して共感を抱くはずです。

実社会だけではなく、
テレビドラマの世界でもそうですよね。

自分に娘がいて、
同じ年頃の娘が重い病気のドラマなんかがあると、
共感せずにはいられなくなるはずです。

実際に直接会ったわけでもなく、
架空の人物にさえ共感を感じてしまうのです。

プロフィールは、共感を主体にした書き方をしてください。

人はあなたの経験に、自分の経験を重ねます。

どこかに共通点があれば、
そこに引き込まれていくものです。

3 プロフィール本文で信頼を獲得する方法

profile-kakikata06

本文でも主体となるのは共感です。

あなた自身が経験したことを、
リアルにイメージできるように描写すること。

読み手に合わせようとする必要は無く、
あなたの、ありのままを、頭の中で
絵が描けるように伝えることです。

ここで重要なのは、自分を飾らずに、
失敗談や恥ずかしい過去を語ることです。

自慢話ばかりで終わると、反感を買うだけです。

「この人にもこんな経験があったんだ~」

という、読み手が共感できる部分を書くこと。

そして、そこから困難を乗り越えて、
今があるという流れにするべきです。

「この人の今は、こんな経験を乗り越えてきたものなんだ!」

と、理解されることで、
共感から信頼へ近づいていきます。

そして後半に、今まで書いてきた
外面的な情報(出身地・年齢・職業・趣味など)や
経験だけではなく、内面的な情報を書いてください。

内面的な情報とは、

■ブログ運営の目的

■ブログ運営をしようと思った理由

■ブログ運営に至った道のり

■あなたの理念、または信念、または主張

■あなたの夢や目標

この5つです。

これを私は、内面的共感ポイントとよび、
出身地・年齢・職業・趣味などは外面的共感ポイントとよんでいます。

例えば、あなたのブログを
その業界の有名人が運営していたとします。

その場合、プロフィールの内容は、当たり前の
外面的共感ポイントだけでも問題ないでしょう。

なぜなら、信頼感が違うからです。

しかし、無名のあなたがブログ運営する場合、
信頼感が全くありません。

では、どうやって信頼を得たらいいのか?

「外面的共感ポイントをたくさん
さらけ出したら信頼を得られるの?」

と思われているかもしれません。

確かに、外面的共感ポイントをさらけ出したら、
共感から信頼感も高まります。

しかし、一番重要なのは、
自分自身の内面をさらけ出すことです。

これは、プロフィールに限らず、
人間関係でも同じですよね。

自分をさらけ出さないと、相手も心を開きません。

ただし、ブログであろうと、実社会と同じで、
心にも思っていないことは書かないこと。

あなたが、本当に心で思っていることでないと、
読み手には伝わりません。

それは、あなたのブログの節々の内容で、
いずれ読者さまが感じとってしまうことですから。

プロフィールは、あなたと読者さまを繋ぐ架け橋

profile-kakikata07

プロフィールは、訪問者を読者さまにする架け橋です。

ここを1ページ使わずに概要だけで済ませるのは
読者さまになるはずの人を見送っているのと同じです。

「どんな人が書いてるんだろう?」

という軽い興味から、いかに、
どんどん読み進めてもらえるように
書き方を工夫するかが重要。

「読み進めないのが当たり前」

という意識を持って作成してください。

プロフィールの書き方の流れをまとめると、

インパクト

外面的共感ポイント

失敗や恥ずかしい経験

困難を乗り越えて今がある

内面的共感ポイント

この流れで進めると、より多くの
ブログ訪問者の心を鷲掴みにすることができます。

「共感・信頼」を得られることで、
あなたのブログ訪問者は濃い読者さまとなって、
毎回ブログを楽しみにしてくれることでしょう。


ブログを躍動させる文章術の秘密をパワーブロガーが遂に明かします。
↓↓↓

BLOGライティング躍動メールセミナー【完全無料】