マズローの欲求5段階説はご存知でしょうか?

心理学者、アブラハム・マズローが、
ピラミッド型の図で、人間の欲求を5階層に分けた自己実現理論。

自己実現に向かって、
人間が成長する過程を表したものです。

ここでは、マズローの欲求5段階説を図を使って解説。

そして、5段階の更に上にあるとされる、
自己実現を超える世界についてお伝えします。

欲求は満たされない?

欲求というのは、例え満たされたとしても、
また次の欲求が湧き上がってくるもの。

例えば、今、あなたがホームレスで、
食べることにさえ困っていたとします。

そんなあなたの第一の欲求は、もちろん食欲を満たすことでしょう。

しかし、その欲求が満たされ、
食べることに困らなくなった時。

次の満たされない欲求が、あなたの中に芽生えてくるのです。

例えば、

「食べることには困らなくなったが、
雨風をしのげる家で、安心して暮らしたい」

そんな風に思い始める訳です。

こういった、欲求が段階的に出現してくる自己実現理論を、
マズローの欲求5段階説として提唱したのです。

マズローの欲求5段階説の図

マズローの欲求5段階説の図の画像

マズローの欲求5段階説は、上記の図のように、
人間の原始的欲求(生理的欲求)を底辺として、
それが満たされると階層を登っていくとされています。

では、それぞれの階層の欲求とは、どういうものなのか?

解説していきますね。

マズローの欲求5段階説【第1段階:生理的欲求】

食べる・飲む・寝る・排泄するなど、
生命維持のための基本的な欲求。

マズローの欲求5段階説【第2段階:安全欲求】

健康・経済的安定・危険のない暮らしなど、
安心で安全な暮らしができる欲求。

マズローの欲求5段階説【第3段階:社会的欲求】

家庭・会社・仲間に受け入れられたい欲求。

マズローの欲求5段階説【第4段階:尊厳欲求】

周りから認められ、褒められたい、
賞賛や、承認を求める欲求。

マズローの欲求5段階説【第5段階:自己実現欲求】

自己の素質や能力などを発展させ、
より完全な自己実現をしたい欲求。

自己実現を超える世界

これらの段階で、上に登るほど、
高次な領域に近付くということです。

そして、マズローは、自己実現欲求の上には、
更にもう1段階あると言っています。

それが「自己超越」というもの。

わかりやすくいうと、

「自己のためだけではなく、他者を豊かにしたい欲求」

つまり、社会貢献的な意味合いや、
エゴを超えた、哲学的な領域とも言えるものです。

しかし、マズローいわく、この領域に到達できる人は、
全人口の2%程度であるということ。

私が目指しているのは、実はこの自己超越の領域です。

私は、過去にセールスの世界に入り、当初、
お金儲けだけを目的に生きてきました。

そして、いくつかの欲求は満たされたものの、
いつしか、自分を見失ってしまったのです。
アマツカゼのプロフィール

私が、人に価値を与えることで得られる、
本当の満足感と喜びを知ることができたのは、
そういった経験があったから。

共感頂ける方は少ないかもしれません。

しかし、私の周りには、例え少なくても、
そういう意識を目指そうとする人にいてほしいのです。

金儲け主義やエゴイストは、セールスの世界でもう見飽きました。

マズローの自己実現欲求を目指す人、更には、
それを超える世界を目指す人を私は応援したいし、
そういう人達と共に歩んで行きたいのです。

もし、共感いただけるなら、
是非、ここから私の世界を覗いてみてください。
↓↓↓

アマツカゼの公式メールマガジン【完全無料】